« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »

2016年5月

2016年5月16日 (月)

中古のノートパソコンをWindows10にアップグレード

 以前、3Dプリンタ用に購入したノートパソコン(lenovo ThinkPad X61)をWindows10にアップグレードした。
 8~9年前に発売されたパソコンであり、Windows7でも遅いのにWindouws10なんかまともに動くわけがない、と思い込んでいたが、そうでもないようなことを聞いた。 「無償アップグレードは2016年7月28日まで」ということもあり、できればこの機会に最新のWindowsにしたいという思いがあった。
 しかし、ハードディスクが絡むエラーが出たりしていたので、そのままアップグレードするには心配、元に戻せなくなるのではという心配もあった。そこで思い切ってSSD(一番安価な120GB)を購入することにし、こちらへ現在のWindows7環境をコピーしてから、アップグレードすることにした。

 まず手始めに「EaseUS Todo Backup」というフリーソフトを使って、現在のWindows7環境をUSB接続したSSDへイメージコピー(クローンディスク作成)、2回ほどトライしたが途中で終了、失敗。最終的にはウイルスチェック、無線LAN等々裏で動いているアプリを全て止めたら正常に終了した。時間が掛かったがやっとクローンができた。

 次にこのSSDを現状のHDDと交換、電源ON。 SSDでWindows7が立ち上がるのを確認、いくつかのアプリを動かしたが、非常に早くなった感あり。

 最後にWindouws10へバージョンアップ、右下にあるアイコン(Windows10入手とかいうやつ)をクリックするだけで簡単にアップグレードが完了、簡単すぎて拍子抜け。

X61windows10
(写真;Windows7と8.xと合わせたような画面、右はUSBケースへ入れた元のHDD、バックアップ用に使う)

 今のところ、Windows7環境で動いていたアプリは問題なく動いている。SSDにしたことが大きいと思うが、ストレスなく気持ち良く動いている。(因みにメモリは2.5GB)

「ノートパソコンを買った」へ

« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »