« 「懐かしの奈良」その2 | トップページ | 自作デルタ型3Dプリンタ(Rostock mini)の修理 その2 »

2016年1月 6日 (水)

ロケットストーブをレンガで作ってみました その3 暖炉へ発展

 当初はペール缶ロケットストーブで暖房(前々回の記事参照)するつもりでしたが、ペール缶の方は別の使い道があったので、安定性も考慮しレンガのロケットストーブを使うことにしました。(近所のファブラボへ設置)
 室外にあったレンガのロケットストーブを室内に持ち込んで、暖炉のように組み直しました。また「暖房用アタッチメント」も、新たにペール缶を入手できたので作り替えました。
 土間が水平ではなかったので、ストーブを水平にするために、砂利や石板を敷いたりで手間が掛かりました。

1
(写真1;レンガのロケットストーブを暖炉のようにした)

 尚、レンガのロケットストーブを組み立てる前には、「暖房用アタッチメント」を装着したペール缶ロケットストーブを室内に設置して燃焼実験を行いました。概ね良好な結果でしたが、見た目にも不安定な感じがしました。

Photo
(写真2;「暖房用アタッチメント」を装着したペール缶ロケットストーブによる室内での燃焼実験、まだ窓は開放状態)

 暖炉をつくるにあたっては、アタッチメント(排気蓄熱部)をレンガのロケットストーブの排気口に合うように作り替えること、暖炉の形になるようにレンガを積むことを考慮しました。

1_2
(写真3;アタッチメントの作成、ストーブの排気を漏れなくアタッチメントへ誘導できるよう蓋を工夫)

Photo_2
(写真4;左はレンガの組立途中、右は組立完成後、薪を燃やしている状態、ちょうど良い寸法の厚めの鉄板があったので燃焼部の上へ置いた。コッヘルの水は直ぐ沸くし、焼肉もできそう。火は勢い良くヒートライザー部へ吸い込まれる)


Firekeeper
(写真5;暖房で使用している状態、ファイアーキーパーは楽しそう。 煙突部はトタンで固定、アタッチメントは熱で変色してきた)

 この暖炉の前でファイアーキーパーしていると、ここち良すぎて離れられなくなります。
 不具合としては、燃焼開始時に多少煙や臭いが出ることです。コツとしてはバーナーなどを使って素早く点火し敏速に完全燃焼へ持って行くことです。 幸い、この場所は隙間が多く、自然換気するので心配ないですが、換気が悪い場所では設置は無理だと考えます。

 今後の展開として、アタッチメントの中はかなりの熱量があるので、オーブンの機能を設置したいと考えています。

前回の記事へ

« 「懐かしの奈良」その2 | トップページ | 自作デルタ型3Dプリンタ(Rostock mini)の修理 その2 »

ものづくり」カテゴリの記事

ロケットストーブ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 「懐かしの奈良」その2 | トップページ | 自作デルタ型3Dプリンタ(Rostock mini)の修理 その2 »