« 「雑貨市」で自分が作ったものが売れました | トップページ | ロケットストーブを楽しむ その4 暖房用への改造 »

2015年11月24日 (火)

「木片(クリスマス)ツリー」完成しました

 昨年、寸法が揃った木片がたくさんあったので、季節に沿ったものづくりということで、木片でつくる「クリスマスツリー」を手掛けたのですが、なかなか進まず中断してしまいました。今年もクリスマスが近づきつつあり、「シーズンもの」をつくりたい衝動に駆られ、再度取り掛かり完成させました。

Photo
(写真1;冬仕様 落葉した木のイメージ)

 季節を問わずいつでも飾れるようにと、片面に緑色を塗って、裏表差し替えれば夏仕様に変身できるようにしました。リバーシブルツリーです。


Photo_2
(写真2;夏仕様-青々した葉が茂っている木のイメージ)

 このツリーは、デジタル(レーザーカッタ)工作とアナログ(ハンドメイド)工作の合体です。
 枝は木片、幹は丸棒、星と鉢はレーザーカッタを使った工作です。鉢は以前投稿した紙コップホルダーを流用し内部に幹を固定できるように工作しました。

Photo_3
(写真3;クリスマスツリーに欠かせない星、レーザーカッタでカットし貼りあわせました)

 先端の飾りで季節を表現しようと、このシーズンは星、夏仕様は単純な三角形や鳥型にするつもりです。

 クリスマスツリーには夏仕様でも良いかと思いますが、どちらが合うかは好みです。私は冬仕様のほうが渋くて良いかなと思います。
 「枝」には小さなオーナメントを置いたり吊るしたりできますが、何も無くても良いかも・・・
 只、このツリーをLED等々で光らせようとは考えています。

Photo_4
(写真4;移動や収納する時には折りたためます。鉢も分解組立が簡単にできるようにすると薄い箱に収まりそうです。)

Photo_5
(写真5;昨年思い付きでつくったクリスマスツリー)

« 「雑貨市」で自分が作ったものが売れました | トップページ | ロケットストーブを楽しむ その4 暖房用への改造 »

ものづくり」カテゴリの記事

レーザーカッタ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「木片(クリスマス)ツリー」完成しました:

« 「雑貨市」で自分が作ったものが売れました | トップページ | ロケットストーブを楽しむ その4 暖房用への改造 »