« 今年から“マクロ経済スライド”で年金が減額調整される | トップページ | ロケットストーブをレンガで作ってみました »

2015年1月21日 (水)

自作デルタ型3Dプリンタ(Rostock mini)の改造 その2

プラパーツのバリを丁寧に取り除き、ダイアゴナルロッドを完成させて、改造部品が揃ったところで旧部品と入れ替え組み付けました。
タイミングベルトの張りはキャリッジのベルトの固定位置をずらすことにより調整しました。もうトッププレートをずらす必要はなくなりました。そしてプラットフォームとベッドとの距離を測定するためのダイアルゲージを取り付けました。

3d_
(写真1;改造部全景)

尚、ベルトドライブギアは今まではプリントしたプラスチックのギアでしたが、耐久性に問題がありそうなのでeBayで購入した中国製のアルミ製に変更しました。安価で心配だったのですが意外に問題なさそうです。

リニアブッシュは今までは結束バンドで固定していたのですが、ボルトで締める方式に変更しました。しっかり固定されますが、それ程効果は無いように思います。

3d__2
(写真2;キャリッジ部拡大)

改造のため各部分の寸法が変わりましたので、Firmware(Marlin)の寸法に関わるパラメータを変更しなければなりませんが、取りあえずパラメータに関係する部分の寸法は実測値で変更しました。

これで、プラットフォームのベッドからの高さを測定する準備ができましたので、調整に入ります。
尚、調整は、”中心+周辺3ヶ所”を測定し、同じ高さになるようにすることです。

(動画1;高さ調整 動きがスムーズになった気がします)

調整はキャリッジ上部のネジ(エンドストップSW用のトリガーボルト)とFirmwareの寸法パラメータの微調整で行います。4ヶ所の高さが±0.01mm以下まで調整するのが理想のようですが、なかなか難しく根気のいる作業です。

前の記事へ その3へ

« 今年から“マクロ経済スライド”で年金が減額調整される | トップページ | ロケットストーブをレンガで作ってみました »

ものづくり」カテゴリの記事

3Dプリンタ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 自作デルタ型3Dプリンタ(Rostock mini)の改造 その2:

« 今年から“マクロ経済スライド”で年金が減額調整される | トップページ | ロケットストーブをレンガで作ってみました »