« シニアの皆さんセカンドライフでパソコンをしっかり活用しています | トップページ | 自作デルタ型3Dプリンタ(Rostock mini)の改造 »

2014年12月 6日 (土)

我が家のパソコンネットワークにサーバーを設置しました

遅ればせながらブロードバンド回線をフレッツ光"Bフレッツ"を"ネクスト隼"に変更しました。
回線のスピードアップもありますが、ひかり電話の導入等で通信コストを削減するためです。もっと早くやればよかったのですが、面倒でついつい先延ばしにしてしまいました。

これに伴いネットワークの再構築を行いました。目玉はサーバーの設置です。
以前ノートパソコン(前出)を購入したためにデスクトップが過剰になったこと、溜まり溜まった写真や音楽データがHD容量を圧迫していること、又どこからでも写真が見られ、音楽が聞けるようにしたいことがありました。
表や文書等のデータファイルの共有保管は無料のクラウドサービスを利用していますが、写真や音楽データは多すぎて無理です。

過剰となったデスクトップPCにはLinux(Ubuntu)サーバーをインストールしました。WindowsPCからもアクセスできるようにSambaサーバーを、音楽データをiTunesやLinuxPCアプリから聴けるようにDAAP(Digital Audio Access Protocol)サーバーを追加でインストールしました。サーバーについては初心者なので、"日経Linux"のバックナンバー等の書籍、Webサイトも多いので参考にしています。

Photo
(図;ネットワーク構成図、実線は有線接続です)
今までは自前の無線LANルータを使っていたのですが、フレッツ光のものを使うことにしたので階下のアクセスポイントとして使うことにしました。今まで階下では電波が弱かったのでちょうど良かったです。

ところがまだまだ解決していない点も多いです。
・今まで使っていた自前の無線LANルーターをルーター機能を止めてアクセスポイントモードにするとサーバーが見えなくなってしまうこと、ルーター機能で使用する(ダブルルータで良くないが)とこのルーターに繋げているものだけにサーバーが見える。
・WindowsのiTunes、Ubuntuのリズムボックスからうまく再生するものとしないものがある。

等々・・・・まだまだ前途多難です。

« シニアの皆さんセカンドライフでパソコンをしっかり活用しています | トップページ | 自作デルタ型3Dプリンタ(Rostock mini)の改造 »

パソコン活用」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 我が家のパソコンネットワークにサーバーを設置しました:

« シニアの皆さんセカンドライフでパソコンをしっかり活用しています | トップページ | 自作デルタ型3Dプリンタ(Rostock mini)の改造 »