« TLUDストーブとパーコレータでアウトドアライフ気分に浸る その2 | トップページ | シニアの皆さんセカンドライフでパソコンをしっかり活用しています »

2014年11月 6日 (木)

TLUDストーブとパーコレータでアウトドアライフ気分に浸る その3

やっと美味しいコーヒーを飲むことができました。

Tlud5_5
(写真1;美味しいコーヒーがはいった)

今回はTLUDストーブ(ウッドガスストーブ)の五徳に空気を取り入れるための穴を開けることでうまく行きました。穴の位置は、上方に開けると炎が分散しそうなので、ストーブの炎の出口に近い場所にしました。穴は小さめに6ヶ所です。大きさが調整ができるように切った後を残してあり、手で開閉できるようになってます。

Tlud5
(写真2;空気を取り入れるための穴を開けた五徳)

点火して2~3分程、火が落ち着いたところで水を入れたパーコレータを乗せ、7分程で沸騰(今回はちょっと少なめの600cc程)しました。炎は思惑通り底面へ集中し、途中で消えることはありませんでした。只、まだ少し煙が出ており、気になるところです。

Tlud5_2
(写真3;火の勢いが良く、お湯が沸いた)

パーコレータを一度火からおろしてコーヒー豆を入れた濾過器を投入、そして再びストーブの上へ

Tlud5_3
(写真3;濾過器を投入、右上写真が濾過器へ豆を入れた状態7分目を目安にしています)

直ぐに上蓋の透明のつまみにコーヒーがポコポコしだし、段々茶色になってきます。これで抽出具合を確認できますが、目安は4~5分としています。この時間も重要で味を左右します。豆の挽き具合などで変わってくるので試行錯誤です。

Tlud5_4
(写真4;コーヒーがポコポコ)

これでコーヒーが飲めましたが、それでもまだ火に余裕があるので、5人分は充分いけそうです。
ポコポコしてからも火がかなり強かったので煮出されたコーヒーが沸騰し注ぎ口から噴出してしまいました。ポコポコするタイミングは火のピークが過ぎるあたりが良いので水の量や薪の量の調整が必要です。
炭になった状態でも熱は暫くの間保たれるので、パーコレータをストーブの上において置けば、暫くは熱い状態で飲めそうです。寒い時期では直ぐにさめるドリップ式と違い、アウトドアにはもってこいです。

今回はまだ少し煙が出るのでパーコレータは墨で黒くなってしましましたが、空気取り入れ穴の大きさを調整すれば減ると思います。
このストーブの実力としては、薪をほぼ一杯投入して、20分程は炎が出ている状態、15分ほどは炭火の状態で熱源となるので、簡単な調理にも利用できそうです。こんな少ない燃料でここまで使えるとは・・・・

その2へ

« TLUDストーブとパーコレータでアウトドアライフ気分に浸る その2 | トップページ | シニアの皆さんセカンドライフでパソコンをしっかり活用しています »

ものづくり」カテゴリの記事

ウッドガスストーブ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« TLUDストーブとパーコレータでアウトドアライフ気分に浸る その2 | トップページ | シニアの皆さんセカンドライフでパソコンをしっかり活用しています »