« 3Dデータをどのように準備するか | トップページ | TLUDストーブとパーコレータでアウトドアライフ気分に浸る »

2014年10月 8日 (水)

3Dプリントを業者へ依頼することも考える

苦労して設計し作成した3Dデータですが、安価なパーソナル向け3Dプリンタ(自作機も含め)でプリントすると、プリント途中で失敗し何度もやり直したり、完成しても品質的に問題があったりします。又、大きなものは異常なほどプリント時間が掛かかりますし、素材も限られます。

パーソナル向け3Dプリンタの多くは「熱溶解積層法」(高温で溶かした細い糸状の樹脂を積み重ねていく方法)という方式を採用していますので、細かいもの、精度が必要なものには向いていないもしれません。
それなりの精度を出すには、調整とメンテナンスが必要ですが限界があります。上手に造形するには経験とノウハウも重要な要素だと感じています。

品質や精度にこだわる場合は、「3Dプリンタ出力サービス」を利用する手があります。
「他の造形方式」を採用した高価なの3Dプリンタを使っているので、品質や精度には問題ないようです。又、大きなものやカラーでのプリント、素材も樹脂だけでなく色々なもの、造形方式も選択できるようです。
3Dデータをネット経由で送付するだけで、造形物を出力し送ってもらえます。(当然有料ですが!!)

その他の造形方式と合わせて下表にまとめてみました。
Photo
(表1:3Dプリンタの造形方式一覧)

たまにしか3Dプリンタを使わない場合は、購入はもったいないかも・・・
「3Dプリンタ出力サービス」を利用すれば、3Dプリンタを保有する必要はありません。調整やメンテナンス等々余分な手間に時間を取られません。3Dデータの作成に時間を掛けたい人は、一つの選択肢だと思います。
プリンタ購入費用と出力サービスに支払う費用を対比させてみると良いかもしれません。

« 3Dデータをどのように準備するか | トップページ | TLUDストーブとパーコレータでアウトドアライフ気分に浸る »

ものづくり」カテゴリの記事

3Dプリンタ」カテゴリの記事

コメント

こんにちは

たまたまブログ拝見しました。

自作と外注は適宜使い分けると良いかと思います。

私の場合、商品の原型は外注、自分の作品は自作と決めています。

ご参考まで
http://www.tokyovirtualworld.com/03-column/03-57-3dprint_services

”ばーちゃるわーるど”さんコメントありがとうございます。URL拝見させていただきました。
興味深い作品がいっぱいですね。世界中を旅され、想い出を想いを込めてかたちに残していますね!!
3Dプリンタに関してもかなり研究され、貴重な情報がUPされており大変参考になります。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 3Dプリントを業者へ依頼することも考える:

« 3Dデータをどのように準備するか | トップページ | TLUDストーブとパーコレータでアウトドアライフ気分に浸る »