« そろそろ失業手当(雇用保険)の支給が終了します | トップページ | 3Dプリンタ用にノートパソコンを買ってしまいました その2 »

2014年8月10日 (日)

3Dプリンタ用にノートパソコンを買ってしまいました

近くのパソコンショップでWindows7がインストールされた2万円強の中古ノートパソコンを見つけました。lenovoの”ThinkPad X61”という機種で、12インチ液晶のB5サイズです。
以前から、小型のノートパソコンは欲しかったのですが、新品は高価でとても手が出ませんでした。
この位ならなんとかお金の工面もできるかな、どうしようかなと迷ったのですが、今でも中古市場で評判が良く人気があるような機種であること、交換部品や改造のための部品もまだ販売されていること、在職中にIBMのThinkPadを使っていた時期もあること等で購入することにしました。赤いトラックポイントは懐かしく、使い易かった思い出があります。


Thinkpadx61
(写真:ThinkPad X61)

私はLinuxとXPのダブルブートになっているデスクトップパソコンとAndroidタブレットを使っています。
今までは不自由はなかったのですが、完成しつつある自作の3Dプリンタをもっと有効に使いたいこと、Windows7にも精通したい(今更ですが)ことがWindows7のノートパソコンが欲しくなってきた理由です。
3Dプリンタはパソコンがないと動かせません。デスクトップでは場所が固定されてしまいますがノートならどこででも(モバイルで)動かせます。また造形物を自分で設計するためには"3D CAD"が必要ですが、最もポピュラーな123D(無料)はWindows7以上でないと動きません。
また最近は、ボランティアで地区のパソコン相談室の支援員になったので、XP以前の知識だけでは相談に充分答えられずWindows7の知識の必要性を感じていました。

ところが、早速このノートパソコンを使ってみたところ、処理があまりに遅いので驚きました。「安物買いの銭失い・・・」か?でした。
色々調べたところ、このパソコンは2007年頃発売された機種でメモリは標準のままで1GBしか搭載されていません。もともとXPが入っていたのですが、ショップでWindows7をインストールしたようです。XPは軽いので問題なかったのだろうと思いますが、Windows7はかなり重いOSなのでそれが原因で遅くなったと思われます。

Windows7はインストールしたままの状態では、メモリーを非常に消費するようになっていて、メモリーが少ない場合は設定変更が必要なようです。メモリ増設と合わせ、何とか早くならないか色々やってみます。

その2へ

« そろそろ失業手当(雇用保険)の支給が終了します | トップページ | 3Dプリンタ用にノートパソコンを買ってしまいました その2 »

パソコン活用」カテゴリの記事

3Dプリンタ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 3Dプリンタ用にノートパソコンを買ってしまいました:

« そろそろ失業手当(雇用保険)の支給が終了します | トップページ | 3Dプリンタ用にノートパソコンを買ってしまいました その2 »