« 雇用保険(失業保険)の受給手続きをしてきました | トップページ | 健康保険を「国保」に切り換えました »

2014年4月10日 (木)

3Dプリンターの自作にチャレンジ その2

日数が経ってしまいましたが、駆動部とそれらを制御するマイコン基盤関係の部品が揃ったので、滞っていた作業を進めました。

まずは駆動部です。
写真1はキャリッジを上下させるためのステッピングモータ(千石電商から)とタイミングベルト(モノタロウから)そしてドライブプーリです。
モータのガスケットはコルク板をカットして作るのですが、レーザカッタが使用できなかったのでカッタや彫刻刀でのハンドメイドです。
プーリは自作サイトオリジナルのものを国内で色々捜したのですが、2GTという規格ものは国内では少ないようで、手配できませんでした。海外手配は高価なので、歯数が多少異なっていますがサイトからダウンロードしたデータで3Dプリンタで印刷しました。安上がりですが、歯の溝が粗くなってしまいちょっと不安です。
モータリード線を基盤へ接続する端子(QIコネクタと呼ぶらしい)への接着は、どの色の線をコネクタのどの位置とするか、ある程度決まっているようですが、サイトの写真等を参考にして決めました。又、作業も細かいので時間が掛かってしまいました。

3d
(写真1;駆動部の部品)

次は駆動を制御するマイコン基盤の設定です

基盤は、自作サイトでは「Sanguinololu」というものがオリジナルですが、国内での購入であり、サポートサイトもある「Momoinololu」という互換基盤にしました。この基盤に取付けるモータドライバは、ほぼセットで販売しているという安心感、価格もそれ程高くないこともありこの基盤と同じ所(ITショップえとせとら)から購入しました。このモータドライバは当初在庫がなく手配に時間が掛かってしまいました。

基盤の電源ですが12Vが必要です。パソコンで使われるATX電源を使うのが一般的なようなので、使っていないパソコンから電源ユニットをはずし、細工を施し使えるようにしました。

このマイコンのソフト(FirmWare:ファームウエア)は数種類あるようですが、一般的な「Marlin」というものを使うことにしました。チップへの書き込みは、電子工作で有名な"Arduino"と同じ方法で書き込めました。FirmWareはソフトとハードを結びつけるものですから、書き込む前にハードの寸法や回転数等を設定しなければなりません。いくつかの自作ブログを参考に数値を変更してから書き込みました。後は調整をしながら数値を微調整するようです。

尚、この基盤はUSBで接続されたパソコンで制御や管理を行います。又、パソコンから3Dプリントデータを提供しますので、そのためにパソコンに管理ソフトが必要です。このソフトも数種類ありますが一般的な「Repetier-Host」(これもフリーなオープンソフトでサイトからダウンロード)というものを使うことにしました。

3d
(写真2; マイコン基盤関係)

電気系統接続、そして電源ON ・・・

モータのリード線を全て基盤へ接続し、まだベルトを付けない状態で電源ONしました。
モータがロックされ音がしてきました。何か動きそうな気配、パソコン側のソフトで手動で動かすボタンを押すとモータが回りだしました。

”動いた!!”・・・ちょっと感動です。

動くことは動きましたが、良いのか悪いのか判りません。早々に全体を組み上げて、調整に入ります。

その1へ その3へ

« 雇用保険(失業保険)の受給手続きをしてきました | トップページ | 健康保険を「国保」に切り換えました »

ものづくり」カテゴリの記事

3Dプリンタ」カテゴリの記事

コメント

私も後3ヶ月で定年です。企業努めだったのですが、再雇用延長しようか?悩んでいます。今、製作中のReprapも同じ様な進捗です。私はArduio+Rampsで同じMarlinとRepier Hostで動作チェック中です。モーターが動くとちょっと感動ですよね。

kamasaさん コメントありがとうございます

3Dプリンタ頑張りましょう!いつまでも新しいことにチャレンジです。
メカやモータ、電子回路、プログラミング・・・・色々勉強になります。
すんなり動くとは思いません。越えなければならない山また山がありそうです。
雇用延長で悩んでいるようですが、私は時々、延長しておけば良かったかなとも思うこともありますが、あのまま延長していたら、この3Dプリンタもそうですが新しいことは見つからなかったかなあと思っています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 3Dプリンターの自作にチャレンジ その2:

« 雇用保険(失業保険)の受給手続きをしてきました | トップページ | 健康保険を「国保」に切り換えました »