« ラズベリーパイ(Raspberry Pi)という”おいしい”小さなパソコン | トップページ | 「ものづくり」の革命-メイカーズムーブメント »

2014年1月10日 (金)

WindowsXPの次は"Linux" という選択肢

デスクトップPCへ Linuxの"Ubuntu"なるものをインストールしました。
前回ラズベリーパイへLinuxをインストールしましたが、さすがに日常汎用的に使うにはレスポンスが遅いので”普通のPC”へインストールしました。雑誌の付録DVDから(ダウンロードもできます)ですので無料です。

(写真1:左端はアイコンが並んでいます。Webブラウザーの手前はExcelそっくりな表計算ソフト、奥はWord そっくりなワープロソフト 全て添付されていました)
Ubuntu_2

WindowsXPを残したままのインストールなのでダブルブート(立ち上げ時どちらを使うか選択できる)が可能です。今後はメインでLinuxを使用し、どうしても必要なときはXPを使おう(4月以降は若干の危険は覚悟で)と考えています。

(写真2:電源ONした時の画面、そのままだとLinuxが立ち上がります。XPを立ち上げたければカーソルで選択します)
Linux

XPは今年の4月にサポートが終了するということで、どうしようか考えていましたが、Windows7or8にするにはお金が掛かります。又、Office2003も終了するとのことすが、Officeは更に高価ですのでとっても買えません。(因みに私はずっとOffice2000ですが・・・)
Windowsはお金が掛かるようになっています。XPで全然問題ないのに・・・Microsoftの作戦です。セカンドライフではお金を掛けられませんので、私はWindows3.1の時代からずっとWindowsを使ってきましたが、この機会に違うOS=Linuxに目を向けることにします。

尚、Windowsと同じようなアプリ(ソフト)が使えるかどうか心配でしたが、同等なアプリが既に用意されているようで何とかなるようです。何と言ってもOSはもちろん基本的にはアプリは無料ですので魅力的です。世界中の有志がボランティアで開発しているとのこと、感謝感謝です。

これからはソフトもハードもオープンソースの時代、乗り遅れないためにもまずは使ってみようと思います。

その2へ

« ラズベリーパイ(Raspberry Pi)という”おいしい”小さなパソコン | トップページ | 「ものづくり」の革命-メイカーズムーブメント »

パソコン活用」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: WindowsXPの次は"Linux" という選択肢:

« ラズベリーパイ(Raspberry Pi)という”おいしい”小さなパソコン | トップページ | 「ものづくり」の革命-メイカーズムーブメント »