« 高額な医療費の助け舟「高額療養費制度」が見直されます | トップページ | 株の儲けを生活費の足しに »

2013年10月22日 (火)

素早くメモするにはアナログです

タブレットがあれば手書きの手帳は不要と思っていましたが、やはり素早く書ける紙の手帳(アナログ)は必要です。
予定とかToDoはタブレットやスマホ管理で良いと思いますが、素早くメモするには紙でなければ間に合いません。
図書館や本屋で本を読んでいて参考になると思ったこと、閃いたアイデア、忘れていて突然思い出したこと等々直ぐにメモして置かないと忘れてしまいます。

私が今使用しているものは、家族が買って使用されずに放ってあった手帳です。それが意外に使いやすく、素早くメモするのに便利で手放せません。調べたらこの手帳はデルフォニックスというメーカーのRollbahn(ロールバーン Mサイズで値段は368円)という手帳でした。
後ろには半券などを入れるための透明なポケットがついていたり、手帳を閉じるためのゴムバンドがついていたりでなかなか良くできています。最近良く見かけるこのゴムバンドのことやもっと良い手帳がないか気になり色々調べてみました。

その中で”モレスキン(Moleskine)”というブランドでイタリアのモレスキン社が販売する手帳が目にとまりました。黒く硬い表紙と手帳を閉じるためのゴムバンドが特徴で、ゴッホやピカソが使っていたとのこと、かなり有名?のようで愛好者やマニアが多く、使い方の本まで出版されています。ゴムバンドや透明ポケットはこれからか?
こだわる私にとっては魅力的な手帳ですが、TSUTAYAで確認したらポケットサイズ(縦140×横90mm)で1,890円もします。今私にとってはこだわりより値段です。そんな折、あの100円ショップのダイソーに似たような手帳があることを知りました。なんと名前はダイスキン(ネット上の愛称で、正式名称は「カラーレザー風手帳」)値段は当然100円、近所のダイソーで購入してみましたがモレスキンにそっくりです。(写真左がRollbahn 右がダイスキン)

Photo

値段や使い勝手からして私には今使っているRollbahnが一番かなと思っています。
モレスキンやダイスキンとの大きな違いは”リング式”ということです。パタッと折り曲げて、手に握ったままメモができるところが良いのです。

« 高額な医療費の助け舟「高額療養費制度」が見直されます | トップページ | 株の儲けを生活費の足しに »

パソコン活用」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 素早くメモするにはアナログです:

« 高額な医療費の助け舟「高額療養費制度」が見直されます | トップページ | 株の儲けを生活費の足しに »